感情と選択

RASのセッションをしていると、、
自分の感情を抑え、我慢をし、
見ないようにし、なかったことにし、
怒りや哀しみの感情を
麻痺するところまで抑制し続けた方が多くいらっしゃいます。
(RASを受ける前の私もそうでした)
 
感情に、良いも悪いもありません。
ネガティヴな(と感じる)感情が悪いわけではなく
その感情すら認めて
感じ切れば良いのです。
 
「認める」というのは
その感情に良い悪いのジャッジをしないということです。
 
自分の感情をジャッジしてどうする。笑
 
もうちょっと自分を自由にしてあげたら良いのです。
 
ま、それが簡単に出来ないからそのサポートをしているわけですが。笑
 
***
 
そして感情の抑制を続けると
 
私は何を好きと感じ
何をイヤだと感じるのか
何に怒りを感じ
何を哀しみを感じ
何を楽しいと感じ
何に喜びを感じるのか
 
分からなくなってしまいます。
なのでそれを書き出してみると
おもしろいです。
 
自分の喜怒哀楽と
「好き」と感じること
「嫌い」と感じること
 
物質化してるものもそうでないものも
ありとあらゆるものを全部書き出してみてください。
 
日々自分が何を選択しているのか…
(その選択が人生を創っているので)
これから何を選択するかが重要です。
 
振り返ってみると
イヤだと分かりながら
自分で楽しくないことを選択していたり
 
好きなことや楽しいと感じることを
ぜーんぜん選択していなかったりします。
 
そうです。
すべて自分で選択しているのです。
 
さぁそれが分かったら
悩んだり迷ったりしてるヒマはありません♪
 
自分が心地よいと感じる方へ
 
それが自分を大事にすることにもなります。

***************
初めての方はこちらのリンクから↓
RAS®とは?
RAS®セッション~注意事項
RAS®セッション~よくある質問
RAS®セッション~流れ
RAS®セッション~お悩み例
***************
☆ご予約・お問合せ☆
MAIL:larbre519☆gmail.com
広島県福山市多治米町1-7-5
aroma beauty salon L’arbre
トータルケアサロン ラルブル
ラルブルのブログはこちら
・・・・・・・・ 一般社団法人RASインターナショナル
認定ファシリテーター
認定インストラクター
トータルケアセラピスト
藤井ちひろ

新着一覧へ戻る