迷いがないこと

何かをやろうとする時に一番強みになるのは

「迷いがないこと」

迷いがないと
エネルギーが進行方向に流れます。

前進の流れにより
すべてが後押しになり
どんどん進みます
必要なものが与えられ
必要な環境が整ってきます。

つまり
うまくいきます。

迷いがあると
どうしてもエネルギーが前に出ません。

後ろに横に斜めに
過去に未来に
人や社会に
経験や実績に
プライドや恐怖心に
ぐんぐん引っ張られます。

そしてそのうち
足がすくみ

怖くて怖くて
進めなくなります。

「やる」と決めていないからです。

違いはたったそれだけです。

迷いがあると
進めない(進まない)理由を
環境や人のせいにします。

この、外側→内側をやる人は
RASのファシリテーターにはなれません。
RASは内側→外側®︎ですから。

「やめていいんだよ」

そう言われてホッとするなら
それはもう
やめた方がいいかもしれませんね。
答えはご自身が一番よく知っているでしょう。

できないことを悩んで
立ち止まっていても何も変わりません。
外側は勝手に変わったりしないですからね。

本当はやりたくないのに
でも「やらなきゃ!」になっているとしたら
時間も能力ももったいないです。

自分の想いや志し、意欲や意図が、一番大切。

もっと自由に
選択と決断を。

 

546F0DCF-9DD9-45ED-BF9C-ECA046C0188C


新着一覧へ戻る